相続が得意な税理士 | どうする相続税 相続が得意な税理士の見つけ方

HOME » 相続が得意な税理士 » 相続が得意な税理士

相続が得意な税理士

遺産相続をするときに相続税がかかる可能性がありますから、あらかじめ準備しておくと安心ですが、その際に役立ってくれるのが税理士の存在です。
税理士はその名の通り税金のエキスパートですから、当然相続税も扱っていますし、いかに相続税を減らせるのかや手続きの代行などもやってくれます。

相続の基本的な流れはまず遺言書の確認からスタートし、遺言書が残されている場合は裁判所で検認を行ってからそこに記載されていることに沿って相続を進めていきます。
遺言書は被相続人の意思を反映するもっとも有効な手段ですから、一番に優先されますので遺言書が残されているのであれば比較的スムーズに進められると思います。

ただ遺言書が残されているケースはそれほど多くありませんので、そうなるとまずは遺産分割協議をするために相続人と相続財産の調査からはじめなければなりません。
遺産分割協議とは相続人が全員集まって誰がどの財産を相続するのか協議する場で、全員が協議内容を把握できていない場合は無効になってしまいますので注意しましょう。
遺産分割協議が無事終わったら遺産分割協議書を作成し、いよいよ各相続人が手続きに入ります。

このときに相続税がかかるかどうかを必ず確認しなければなりませんが、税理士に依頼するのであれば相続が得意な人を選んでください。
税理士は相続税のほかに所得税や法人税、消費税などいろいろな税金を扱っているので、それぞれ得意分野があります。
もちろん相続税以外を得意としている税理士でも相続税を扱うことはできますが、普段から相続税をメインにしている人のほうが節税対策や税務調査対策なども心得ているのでスムーズに進めてくれます。

また、税理士を選ぶときはただ相続税が得意というだけでなく、必ず税理士が担当してくれるか?という点も重要です。
中には事務所のスタッフがメインになって進めて行くところもありますし、そういったところだとどうしても税理士と距離ができてコミュニケーションも取りづらいです。