相続を譲渡する方法 | どうする相続税 相続が得意な税理士の見つけ方

HOME » 相続が得意な税理士 » 相続を譲渡する方法

相続を譲渡する方法

遺産相続=トラブルというイメージを抱いている人も多いと思いますが、実際に遺産相続を経験している人のおよそ70パーセントが大小関わらず何らかのトラブルを経験しており、あまり良いイメージを持っていないというのが現状です。
疎遠だった親族と相続をきっかけにトラブルになることはよくありますが、それだけでなく仲良くしていた親族とも相続をきっかけにトラブルに発展してしまい、その後疎遠になってしまうこともあります。

ただ疎遠になるだけならまだしも、親族間で裁判沙汰になったりするとかなりドロ沼化してしまい、その後関係修復も不可能になってしまいますから、相続人になる権利を持っている人の中にはあまり遺産相続をしたくないと考えている人もいます。
そういった場合、相続分をほかの人に譲渡することも可能で、もし自分はあまり遺産相続に参加したくないということであれば検討してみてもいいかもしれません。

それでは相続分の譲渡は具体的にどのようにして進めればいいのかと言うと、まずは相続分譲渡証書と相続分譲渡通知書を作成します。
相続分譲渡証書は相続人が相続分を譲渡する相手に対して贈る書類で、これを渡すことによって自分が相手に相続分を譲渡した証明になります。
また相続分譲渡通知書は被相続人の住所の管轄となっている市町村役場へ相続分の譲渡を行うことを告げるものになります。

次に譲渡するときの条件ですが、これはまず遺産分割協議が終わっていないことが前提となっていて、もし遺産分割協議ですでに結論が出ていれば譲渡することはできません。
譲渡できる相手は基本的にほかの相続人がメインになるでしょうが、第三者に譲渡することもできます。
ただしその場合第三者が相続に参加することになりますので、ほかの相続人がそれを認めるかという話になってきますから、基本的にあまりこういうケースがありません。
このように相続分を譲渡する方法はありますので、こちらも知識として持っておきましょう。