相続税の対策には税理士 | どうする相続税 相続が得意な税理士の見つけ方

HOME » 相続が得意な税理士 » 相続税の対策には税理士

相続税の対策には税理士

相続税は遺産相続をしたすべての人にかかる可能性がありますが、必ずかかるわけでもありません。
したがってあらかじめどのくらいの相続税がかかるのかきちんと調べておく必要がありますし、場合によっては納める必要がないことも十分にあり得ます。
しかしこれを読んでいる皆さんの中にどれだけ相続税について正確に理解できている人がいるでしょうか?

おそらく普段から相続税のシステムについて情報収集をしていたり、そういった仕事をしている人以外はあまり詳しくないでしょう。
そこで頼りにしたいのが税理士で、税理士はその名のとおり税金のエキスパートですから当然相続税にも精通しており、相続人に対して多くのメリットを生んでくれるでしょう。
そこでここでは相続税の対策をする際におすすめの税理士の条件を紹介していきますので参考にしてください。

まずひとつめは「相続税をメインにしていること」で、これは最低限絶対に必須な条件と言えます。
税理士の中には所得税や法人税、消費税のほうを得意としている人もいて、こういった人たちで相続税が扱えないわけではありませんが、知識も乏しいですし最低限の仕事しかできません。
その点相続税をメインにしている人であれば、普段からそういった経験をたくさんしているので、どうすれば相続税を少なくできるのかといった対策もしっかり立ててくれますし、申告手続きに必要な書類作成や税務調査の対策もしてくれます。
ですからわざわざほかの税金をメインにしている税理士に依頼するメリットはありませんので、あらかじめインターネット上で調べてみるといいかもしれません。

次に税理士がしっかり誠意を持って対応してくれることも大切なポイントで、中には不動産を相続するにも関わらず税理士自身が調査も行わない、あるいはほかの事務所スタッフに仕事を丸投げしてしまうこともあります。
こういった税理士だとコミュニケーションも円滑に取れませんのであまりおすすめできません。