相続税の計算 | どうする相続税 相続が得意な税理士の見つけ方

HOME » 相続が得意な税理士 » 相続税の計算

相続税の計算

これから遺産相続をスタートさせる人も多いと思いますが、遺産相続をスムーズに進めて行くうえで非常に役に立つのが専門家の存在です。
遺産相続に役立つ専門家にもいろいろな人たちがいて、弁護士や司法書士といった人たちは各種手続きや書類作成などをしてくれることでよく知られています。
そして遺産相続と言えば相続税がかかる可能性があって、この場合税理士に相談して進めるのが一般的ですから、まずは税理士を選んで相談してその後どのような流れで進めていくのか話し合ってください。

相続税についてあらかじめ知っておいたほうがいい知識はいくつかありますが、中でももっとも頭に入れておいて欲しいのが控除についてです。
相続税の計算をする際に控除の計算式を知らなければ自分が相続税の対象になっているかどうかも分かりませんし、そうすると当然正確な金額も把握できません。
正確な金額は税率を当てはめて計算するので税理士に任せても構いませんが、せめて自分が相続税の対象になっているかくらいは知っておきたいところです。

相続税の基礎控除は平成26年12月31日までは5,000万円+1,000万円×相続人の数で計算することができましたが、平成27年1月1日以降は3,000万円+600万円×相続人の数に改正されており、その結果相続税の対象になる人が大幅に増えたのです。
現在の計算式に当てはめて計算してみると相続人が3人いる場合は3,000万円+600万円×3になりますので、基礎控除額は4,800万円になります。

そして相続財産のほうですが、こちらはプラスの財産とマイナスの財産に分けることができ、プラスの財産からマイナスの財産を引いて相続財産の総額を出します。
相続財産の総額から基礎控除額を引いて出た部分が相続税の対象になるところですから、あとは税率を当てはめて納税額を確定させます。
税理士に相談するとこの部分も節税することができますので、まずは相談してみてください。