相続財産を分割する方法 | どうする相続税 相続が得意な税理士の見つけ方

HOME » 相続が得意な税理士 » 相続財産を分割する方法

相続財産を分割する方法

遺産相続は相続人と相続財産を確定させ、その後相続人間で分割しなければなりませんが、これはどのような方法で進めていけばいいのでしょうか?
まず遺産相続の流れを見てみると、一番最初にやることは遺言書の有無の確認で、遺言書が残されている場合は公正証書遺言を除いて裁判所で検認してもらいます。
検認してもらうときに注意してほしいのが開封は必ず弁護士や裁判所で行うことで、相続人自身が行うことは許されていません。
検認の結果、問題がないと判断されればそこに記載されている通りに相続が進められていきます。

遺言書は被相続人の意思が反映されたものなので、もっとも優先されるべきものですから、残されている場合はそれに従って遺産相続をしてください。
ただ遺言書が残されているケースというのはそうそう多いものではなく、基本的に遺産分割協議と呼ばれる方法で決めます。
遺産分割協議とはその名の通り遺産を分割するための協議で、相続人同士がどの財産を誰が相続するのか話し合って決める場になります。
相続人全員が遺産分割協議について知っておく義務はありますが、遠方に住んでいると参加できない可能性もあるので、電話などで対応しても構いません。

遺産分割協議の結果、どのように財産を分割するかまとまったら次は遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書は相続人全員の署名が必要になり、なければ無効になりますので、ここだけ注意して作成してください。
その後は相続人自身が各自手続きを行っていき、相続財産の使い道を決めていきます。

相続財産が確定したらまず相続税がかかるかどうかをチェックしなければなりませんので、自分がかからないと思って何もしないのではなく、必ず税理士に相談して相続税がどのくらいかかるのか自分でも把握しておきましょう。
相続税の相談をするなら、それを専門にしている税理士を選ぶことがおすすめで、専門にしている税理士だと相続税を抑える方法も心得ておりメリットが多いです。