税理士への相談内容 | どうする相続税 相続が得意な税理士の見つけ方

HOME » 相続が得意な税理士 » 税理士への相談内容

税理士への相談内容

遺産相続をすると相続税がかかる可能性が出てきますが、もし相続税がかかることが分かった場合、どのような対応をすればいいのでしょうか?
まず相続税の申告は遺言書の確認あるいは遺産分割協議後に相続人自身が相続財産の合計を計算し、そこから基礎控除あるいは配偶者控除を引いて残った部分があったときに税務署へ行います。

相続税の申告期限は被相続人が亡くなってから10カ月以内に行うことになっており、それ以降に申告してしまうとペナルティの対象になってしまいます。
また配偶者控除に限ってはたとえ適用すれば課税対象にならないことが分かっていても申告しなければなりません。
さらに相続税は金額によって税率が定められており、どれくらいの相続税がかかっているかによって納める税金も変わってきます。

この計算もなかなかややこしい部分がありますし、たとえ申告期限内に手続きを済ませていたとしても、その後ミスがあって指摘されたときに期限を過ぎているとペナルティになってしまう可能性があります。
ですから遺産相続は被相続人がなくなったら速やかに進めなければなりませんし、悲しみに暮れる間もなかなかないのです。
そんなときに役立ってくれるのが専門家の存在で、相続税が関わってくる場合は税理士が担当してくれます。

税理士への相談は内容によって報酬が変わりますが、基本的に相続税の相談する場合はただ計算してもらうだけでなく、節税対策や税務調査対策などもしてくれますし、書類作成なども当然やってくれます。
相談の内容でもっとも多いもやはりこういったことで、特にたくさんの財産を相続する人の中にはかなりの金額になることもありますので、節税に力を入れたいという人も多いです。
また相続放棄を選ぶ時にも税理士に相談するとよいでしょう。

税理士を選ぶときに気にかけておきたいのは相続税を中心に仕事をしている人かどうかで、ここは経験が仕事に出てきますから必ずチェックしてみてください。
最近ではインターネット上で口コミなどで評判を知ることもできます。