相続が得意な税理士 についての記事一覧 | どうする相続税 相続が得意な税理士の見つけ方

HOME » 相続が得意な税理士

相続が得意な税理士

税理士の評判をチェック

被相続人が亡くなった後、すぐに遺産相続をスタートさせなければいけませんが、そんな場面で役立ってくれるのが各専門家の存在です。
遺産相続に関する専門家は弁護士や司法書士などいろいろいて、希望することに応じて相談することができます。
専門家に相談するもっとも大きな理由はトラブルの回避や解決で、あらかじめやっておくとスムーズな遺産相続が可能になります。
そして遺産相続をした人の中には相続税がかかる人も出てきますが、その場合に役立ってくれるのが税理士です。
≫ 『税理士の評判をチェック』

報酬の規定

相続税がかかるかもしれないということで税理士に依頼する人も多いと思いますが、気になるのが報酬です。
税理士に依頼すれば確かに手続きはスムーズにできますし、できるだけ少ない納税額に調整してくれたり、何かとメリットが多くありますが、それも報酬を支払うことができなければできませんので、あらかじめ確認しておかなければなりません。
最近ではインターネット上でも数多くの情報収集をすることができるので、税理士のことだけでなく相続税についても調べられますから、まずはそういったことからスタートしてみましょう。
≫ 『報酬の規定』

相続が得意な税理士

遺産相続をするときに相続税がかかる可能性がありますから、あらかじめ準備しておくと安心ですが、その際に役立ってくれるのが税理士の存在です。
税理士はその名の通り税金のエキスパートですから、当然相続税も扱っていますし、いかに相続税を減らせるのかや手続きの代行などもやってくれます。
≫ 『相続が得意な税理士』

相続税の計算

これから遺産相続をスタートさせる人も多いと思いますが、遺産相続をスムーズに進めて行くうえで非常に役に立つのが専門家の存在です。
遺産相続に役立つ専門家にもいろいろな人たちがいて、弁護士や司法書士といった人たちは各種手続きや書類作成などをしてくれることでよく知られています。
そして遺産相続と言えば相続税がかかる可能性があって、この場合税理士に相談して進めるのが一般的ですから、まずは税理士を選んで相談してその後どのような流れで進めていくのか話し合ってください。
≫ 『相続税の計算』

相続税と贈与

相続税の対策として贈与を利用することがよくありますが、これはどのような理由からなのでしょうか?
遺産相続をするなら相続税がかかる可能性はありますし、平成27年1月1日以降相続税の基礎控除が引き下げられているので、今後課税対象になる人は増えていくでしょうから贈与を利用した対策は頭に入れておいて損はありません。
相談するなら基本的に税理士に依頼することになりますが、その前にちょっとした知識をここで紹介したいと思います。
≫ 『相続税と贈与』

相続税の対策には税理士

相続税は遺産相続をしたすべての人にかかる可能性がありますが、必ずかかるわけでもありません。
したがってあらかじめどのくらいの相続税がかかるのかきちんと調べておく必要がありますし、場合によっては納める必要がないことも十分にあり得ます。
しかしこれを読んでいる皆さんの中にどれだけ相続税について正確に理解できている人がいるでしょうか?
≫ 『相続税の対策には税理士』

相続財産を分割する方法

遺産相続は相続人と相続財産を確定させ、その後相続人間で分割しなければなりませんが、これはどのような方法で進めていけばいいのでしょうか?
まず遺産相続の流れを見てみると、一番最初にやることは遺言書の有無の確認で、遺言書が残されている場合は公正証書遺言を除いて裁判所で検認してもらいます。
検認してもらうときに注意してほしいのが開封は必ず弁護士や裁判所で行うことで、相続人自身が行うことは許されていません。
検認の結果、問題がないと判断されればそこに記載されている通りに相続が進められていきます。
≫ 『相続財産を分割する方法』

相続を譲渡する方法

遺産相続=トラブルというイメージを抱いている人も多いと思いますが、実際に遺産相続を経験している人のおよそ70パーセントが大小関わらず何らかのトラブルを経験しており、あまり良いイメージを持っていないというのが現状です。
疎遠だった親族と相続をきっかけにトラブルになることはよくありますが、それだけでなく仲良くしていた親族とも相続をきっかけにトラブルに発展してしまい、その後疎遠になってしまうこともあります。
≫ 『相続を譲渡する方法』

税理士への相談内容

遺産相続をすると相続税がかかる可能性が出てきますが、もし相続税がかかることが分かった場合、どのような対応をすればいいのでしょうか?
まず相続税の申告は遺言書の確認あるいは遺産分割協議後に相続人自身が相続財産の合計を計算し、そこから基礎控除あるいは配偶者控除を引いて残った部分があったときに税務署へ行います。
≫ 『税理士への相談内容』